読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

九里より美味い十三里

というわけで、今日はサツマイモの日である。
もちろん、今日イオンで買ってきた。
おつとめ品だけど。

九里(栗)より美味い、と言うのは、江戸っ子の負けず嫌いなのか。
実際、栗の方が高くて手間がかかる。
マロングラッセなんて、高価な代物になると、一つ300円くらいする。
庶民は、天津甘栗が精一杯。
最近、天津甘栗すら高価に感じる。
だから、サツマイモの方がずっと美味しいもんねーっと
言ってみたのではないか。

サツマイモといえば、同じく秋の味覚のカボチャとも相性がよく、
オリーブやレーズンと合わせてサラダにしてもいける。
これを、サラダだと思ってはいけない。
これは主食である。
それくらいの腹持ちとカロリーがある。

個人的には、年中サツマイモは食べている。
しかも、いつも同じ食べ方。
電子レンジで蒸して、塩コショウするのみ。
蒸したサツマイモを、ふうふう言いながら、食べる時間は、
なんだかちょっと幸せを感じる。
同じ幸せをカボチャからも感じている。
というか、野菜を蒸して食べるのが好きだ。
特に歯ごたえがある方が良い。
まさにウサギのように、野菜を食べる。
お腹の調子も良くなるし、胃は膨れるが、もたれない。
と、考えていたら、鍋が食べたくなってきた。

今日の一言
サツマイモの聖地、川越には、
まだ行ったことが無い。