読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

疲労困憊。

ご無沙汰である。
疲れているのである。
眠いのである。
というわけで、明日以降、これまでのメモを起こしつつ、
再開する予定。

昨夜はハロウィンだった。

せっかくカボチャを買ったけど、何も出来なかったなあ。

今日から11月である。
もう2ヶ月後には、行く年来る年だな、
と通りすがりの会話が聞こえてきた。
冬の街は、夏とは違ったノスタルジーを思い起こさせる雰囲気がある。
凍える空気、足早に通り過ぎる通行人、
輝くイルミネーション、プレゼント向けのショーウィンドウ etc...
なんとなくウキウキした雰囲気で、高揚感に溢れている。
ラブ・アクチュアリー」でも観ようかな。

ちょうど、ラジオから、ドヴォルザーク交響曲新世界第2楽章が流れてきた。
「家路」の名で知られる通り、「さあ、帰ろうよ」という気分にさせる。
アイオワの風景をイメージしているとのことだが、
確かに、黄色い小麦畑がどこまでも続く景色を想起させる。
ドヴォルザークの旋律は、色と風景がある。

今日の一言。
カラオケで20年前の歌は歌えても、
3年前の歌は歌えない。