読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

ジョンの髭は長い。

私は映画が好きだ。
洋画と邦画では、洋画の方が好きだ。
アニメも見る。
映画は絶対映画館、と言う人もいるが、一本1800円もするし、
手近に映画館もないものには無理な話だし、
ビデオやDVDで見ても、十分に楽しめると思っているので、
ここで映画とは、広く、ビデオやDVDも含むものとする。

で、ここから本題。
好きなジャンルや映画は、一種の意思表明と思っている。
相手や雰囲気によって、どう思われたいのかも変わってくる。
で、いきなりなのだが、私は戦争映画が好きである。
コレを言うと、大方の人が、一瞬「引く」のがわかる。
女性は、「戦争なんてこわーい」と言う人が多いかな。
男性は、なんと言うか、戸惑うらしい。
一部男性とは、意気投合する。
最近は『硫黄島からの手紙』『父親たちの星条旗』が話題になっているので、
事情が少し変わってきたかもしれないが、
戦争映画が好きだというと、
「戦争を見るのが好き」だと思われるようである。
私は、現実の戦争が好きなのではない。
ミリタリーマニアの人が、人殺し好きと言うわけでないのと同じだ。
ガンダムファンも、決して戦争をしたいわけではないだろう。

戦争は怖いが、戦争映画が怖いかは別だ。
怖いものもある。
怖くないのもある。
コミカルなものもある。
というか、
駆け引きや嫉妬が渦巻く恋愛モノの方がよっぽど怖い。

戦争好きだと思われても困るので、
誰彼構わず言うわけではないし、
相手を選ぶようにはしているが、
やはり好きな映画が理解されないのは、ちょっと寂しい。
他にも、サイコサスペンスもオカルトも、もちろん恋愛モノも好きだけど。

今日の一言。
ありがちだけど、
お気に入りは『史上最大の作戦』と『大脱走』。