読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

ベルギーと言えばそう言えば。

マネケンのワッフルがあったことを思い出す。
先週、地下の売店で購入。直ちに完食した。


抹茶を意識した緑色した袋には、
「香り豊か 宇治抹茶WAFFLE 北海道あずき入り」と
マネケンの小便小僧のマーク。
北海道産の小豆と宇治の抹茶にベルギーのワッフル。
国際的なコラボレーションである。

さて、中をあけてみると。


イメージ図通りの緑のワッフル。
改めてみると、緑色の焼き菓子と言うのも妙な色彩感覚だ。
野菜以外で緑色の食べものといえば、
パンやパスタの生地にほうれん草やバジル、モロヘイヤを練りこんだものがあるが、
ここまで濃い色にはならないだろう。
原材料を見るとクロレラが含まれている。
この緑色はクロレラか。
ついでに、パールシュガー(まぶした砂糖)はベルギー産だそうで、
こだわりがあるらしい。

抹茶の甘味とバター味の組み合わせは、和洋折衷の王道でしょう。
味に文句はない。
美味しいワッフルであった。
あえて言うならば、小豆の存在感が弱いのが惜しい。
北海道も、おそらく十勝あたりから、はるばるやってきただろうに。
何故か、春限定販売なので、お早めにどうぞ。

栄養成分
エネルギー 217kcal、たんぱく質 4.1g、脂質 10.6g、炭水化物 26.5g、ナトリウム 66mg

今日の一言。
コロンバンのワッフルも良いね。