読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

スパイダーマンヨ

いきなりだが、「3」が「ヨ」に見えるのは、私だけではないはず。

このシリーズ、ヒロインに関しては、世間の評判は今ひとつのようだが、
私はキルスティン・ダンストが好きだ。
かわいい。
ほんとにかわいい。
私の趣味にストライク。

但し、MJはヒロイン特権により、モテモテハーレム状態なので、
そのへん、女子には、受けないだろうな。

もちろん、トビー・マクガイアも好きだ。
少し田舎っぽい雰囲気が可愛い。
私がトビーを最初に見たのは「カラー・オブ・ハート」であった。
主人公は、とある小さな町に住む高校生の兄弟。
兄がトビー、妹は、リース・ウィザースプーン
お父さんは、ウィリアム・H・メイシーと、豪華キャスティング
ストーリーはやや地味だが、ラストでは意外と驚かせてくれる。
ピーターと同じく、優しくて、真面目なんだけど、
へなちょこで、ちょっと頼りない、メガネ男子役。
トビーは、成長したハリポタ、またはのび太みたいな役がピッタリだな。
もちろん「シービスケット」も良かったヨ。
貧乏で、元ボクサーで、騎手の役だけあって、
ヒョロヒョロっぷりがまたよく似合っていたし。

思えば、トビーは、非現代モノのイメージがある。
スパイダーマンも、近未来SFだし。
同時代を生きていると言うのに、何故か、今っぽくない人。
レオナルド・ディカプリオも同じく。そういえば、ケイト・ウィンスレットも非現代系だな)

キルスティンも、年々、美人なのか、そうでないのか、
良くわからないけど、なんだか、目が離せないオーラを出しつつある。
「インタビュー・ウィズ・バンパイア」の小さなお姫様の頃から考えると、
随分と大人になったなあ。
感慨深い。
ついこの間、フランス最後の王妃マリー・アントワネット役を演じたが、
どちらかと言うとロザリー(『ベルサイユのバラ』)を演じて欲しかった。
で、ベルナールをトビーが演じるのはどうだろうか。

今日の一言。
アランは、ジョニー・デップが適役かと思われます。