読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

若様、結構イケてます。

目的もなくテレビのチャンネルを回したとき、時々見てしまう番組の一つが、
NHKの「きよしとこの夜」。
MCはご存知若様こと氷川きよし
ゲストを交えて、歌だけでなく、トーク有り、ミニコーナー有り、
いろんな若様が見られます。
特にファンでなくとも、結構、面白いのだ。
今日も見てしまった。

氷川きよしは、一見すると、中高年女性が好みそうな、
好青年風演歌歌手であるが、
演歌ファンでもない私から見ても十分に魅力的だと思う。
彼には、衒いがない。
笑いを取りにいったり、巧くやろうと言う狙いがないように見える。
演歌界の若様であり、圧倒的な支持を受けていることが大きいのだろう。
与えられた「氷川きよし」像を受け入れ、
期待を裏切らないのだ。
力まず、自然で、悠々としているように見える。
ある意味、お笑い番組より、ずっと気楽で、安心していられる。

お笑いでは、視聴者は常に解釈を求められ、
繰り出されるネタに対して、是か非かと言う価値判断を迫られるものである。
お笑いは、能動的で戦略的に楽しむべきものだ。
視聴者は、ネタを受け入れたかどうか、つまり笑えたかどうかによって
自分の価値観を問い直し、自己呈示をしている。
もっと簡単に言えば、
「(タレントの)○○って面白いよね」=「○○を面白いと思う私」
と言う関係を説明していることである。
最近のお笑いブームは、自分語りのツールの一つとして、
「こんなネタに笑える私(または俺)」
と言う自己呈示が、若者同士のコミュニケーションで有効に働くからではないか、と思う。

氷川きよしは、この流れには居ない。
彼は、視聴者に笑うことも、判断することも迫らない。
けれど、なんとなく笑ってしまうのは、見ている側も力が抜けているからだろう。

と、言ったみたが、
私自身、お笑い番組を、ほとんど見たことがなかったりする。
だから、若手の吉本芸人(本当に芸人と言えるのかは疑問だが)など、
顔も名前も持ちネタもよくわからん。
芸能ニュースもよくわからないし。

今週のL25(リクルート社発行のフリーマガジン)によれば、
男性も女性も異性に対して面白さを求める人が多いらしいが、
私にとって、面白いことは、さほど重要ではない。
多分、誰だって、年をとるにつれて、
笑わせてくれる面白い人より、一緒に楽しめる人が好きになる。

今日の一言。
若様の新曲が1年半ぶりに本日リリース!
なんと2曲(「あばよ」と「きよしのソーラン節」)同時だ。
セーラー服の若様もなかなかイケるぞ。