読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

食わず嫌いでした。

この間、日曜の夜、キアヌ・リーブスの『コンスタンティン』が放映されていた。

NHKスペシャルとどちらを観るか逡巡した結果、

コンスタンティン』に軍配。

Nスペは再放送という手もあるし。

実は、この映画、以前から興味はあったのに、

手をつけなかったのは、食わず嫌いであったようだ。

この映画はマトリックスシリーズと同じく、好き嫌いが分かれるだろう。

クソミソに言う人もいれば、大好きな人もいる。そういう映画。

スイマセン、自分自身の見極めが足りませんでした。

私、好きの方でした。

ダ・ヴィンチ・コード』で外したせいか、ちょっと腰が引けていたのだが、

再び、オカルトブームがやってくる予感(個人的に。)

コンスタンティン』を一言で表すとしたら

21世紀版、クールでバイオレンスなキアヌ主演『エクソシスト』ってところだろうか。

キアヌ、黒服似合うなあ。

彼自身、様々な人種の血を受け継いでいるためか、

黒髪で黒い瞳、若作り、長身、細身、色白と、

年齢国籍不詳な容貌はいそうでいない。

時代や国境を越えたSF・オカルト向けタイプかと思われる。

巷では頭脳の方はイマイチらしいが、

役者が高学歴であっても、映画が面白くなることとは、あまり関係がない。

役者ごとに、ジャンルやキャストの向き不向きはある。

しかしスターは見出されるものだ。

問題は、スターになれた後、良いキャリアを積んでゆけるかどうか。

どの映画に、どの役で出るか、が大切になってくる。

そのための、頭の良さ、人柄、容姿なんじゃないか、と思う。

新しい境地を開拓する挑戦もあるが、得意分野に特化するのも戦略だ。

あとは、是非、太らないでもらいたい。

今日の一言。

私は、『マトリックス』シリーズ全て映画館に行きました。

一人で。

あれは、万人向けではないデスヨ。

多分コレ(↓)に対する評価がリトマス紙になるかと思われます。

080527GOST IN THE SHELL.jpg

追記。

そういえば、『リング』シリーズも映画館に行った。

惰性かも。