読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

鞭を持った教授の件について。

以前、うだうだ言いつつも、やっぱり観たい、

と結論を出したので、早速、行ってきた。

インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国』のことである。

感想を一言で表すと、

「老インディも良いネ。」

アッサリ、簡単に、老けたインディを受け入れてしまったのでした。

そもそも、『インディ・ジョーンズ』は、

スペクタクルでロマンティックでファンタジーなのである。

何でもアリだけど、どこまでもアリではない。

リアリティとファンタジーの隙間を行き来している、

一人の男の壮大な物語なのだ。

関係ない人には、好きなことをして生きるのは良いのだと、語り、

関係ある人には、真面目に将来を大切にしろと語る、

出たとこ勝負で、気ままも気まま、

好き勝手で、美女にはユルい。

身近にいたら、愛 ≦ 厄介 な感じで、

無限の憎しみと愛情を引き出してくれそうだけど、

最後はやっぱり許しちゃうはず。

彼こそ、プロフェッサー・ジョーンズ、

専門は考古学全般のお宝。

自称インディ・ジョーンズ

ハリソン・フォードの顔をした、予想外なナイスガイ。

犬の名前を日本式にするとしたら、

シロか、ポチか、はたまたタロウか。

昨今流行病の如く使われるコピーのように、

心が癒されたり、切なくなったり、泣かせたりするような、

あこぎな真似はナシ。

コッテリ、豪快、肉食べ放題、

スッキリ爽快、キスミント、

ハリウッドエンタテイメントとは、後味スッキリお腹一杯なのである。

スクリーンの正しい使い方を心得ておる。

差し出された据え膳食わぬは、後悔先に立たず。

とりあえず、観てから、

失望するなり、失恋するなりすればよい。

生身の人間、そんなことで死んだりしないのだ。

実際、失恋すると死にたいと思うくらい悲しいし、

失業ともなれば、死のうかと思うくらい辛いけど。

ヒット作の続編、しかも、相当の時間が経っている本作の場合、

スタッフ全員に、非常に大きなプレッシャーがかかっていたことは間違いない。

私の思うところではあるが、

シリーズモノがヒットし続けるためには、

常に、ファンの期待に、半分応えて、半分裏切るのが、

面白い続編の条件ではないだろうか。

そして、そのバランスが非常に難しい。

今回、改めて、スピルバーグ&ルーカスは巧いなあと思った。

と、言うわけで、

観ても得するかどうかはともかく、

損はしないでしょう。

単純に面白い映画です。

今日の一言。

最初、ネバダ州某所で始まってから、

最後の最後まで、

「モルダー!スカリー!真実はココにあるよ」

と、心の中でつぶやいていました。