読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

夢を見た。

昨晩の夢の話である。

他人の夢の話というのは、

退屈極まりないものというのが相場である。

よって、誰に向かって話すものでもない。

以下の駄文は、単なる、私的な覚書のような、吐露のようなものである。

足の指がもげた。

爪の色がほとんど真っ黒に近い紫で、

私はもげた指をあわててつなぎ合わせようとしていた。

けれど、どの指がもげたのか、わからなかった。

どうやら、右足の薬指らしいので、

無理矢理、あわせてみたら、くっついた。

まだきちんとくっついていないようで、

走ると再びもげてしまうようだった。

けれど、私は裸足で何か、大切なものを探していた。

もげたのは、一つだけだったはずなのに、

手の指も、妙な紫色をしていた。

それを誤魔化そうと、マニキュアを塗っていた。

とてもとても急いでいるはずなのに、

何故か、私は、これ以上進むことも、

何かを見つけることも出来ないまま、

結局、立ち尽くして、自分の足ばかり見ていた。

そこで、目が覚めた。

63年前の日本で、

この日に起きたコトの、

たくさんの人の記憶が、

その場にいなかったはずなのに、

染み付いて離れない。

子どもの頃、学校で観せられた幾多の映画や写真や、

誰かの恐ろしい記憶。

それらの教育と言う名の下で、

意図的に刻まれた恐怖は、

あまりに壮絶で言葉にすることも出来ず、

ただ沈黙するばかりであったため、

その場に居た全員と共有されることもなく、

思い出すことさえ怖くて、

私の中のどこかに、

仕舞いこんでしまった。

それらが、毎年、どこからか染み出てくる。

そうして、また、私は夢を見る。

もう、二度としません、と誰かが誓ったはずの、

恐ろしい恐ろしい現実にあった何かの夢を。