読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

ようやく観た。

イノセンス』。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』は、

全米でビデオセールナンバーワンになった、

と言う話を聞く以前に観ていたような気がした。

改めて『攻殻機動隊』を観たので、

勢いで、『イノセンス』も、観ることにした。

で、観た直後の感想は以下の通り。

・CG、巧い

・でも、作りこみすぎ

・フルCGの部分がアニメーションから浮いている

・サハリンは風土的には中国よりロシアに近いはずでは

・薀蓄、引用が多い

・余計な言葉が一つもない会話が気持ち悪い

・トグサ≒加持くん

フチコマが出てこない

・今度の映画にも少佐出るの?

義体だとそのように見えるのかもしれないが、

生身の私には、

CGで表現されている、無闇矢鱈と細かい描写が。

全てフォーカスの合っているデジタル写真のようで、

アニメーションのレベルは高くとも、

観る人を選ぶ映画だと思った。

また、中華風のスラム街や、人形に既視感を感じる。

というか、『クーロンズゲート』(PS)にソックリな気がする。

気のせいか。

押井守作品には、犬と鳥が必ずと言っていいほど登場する。

どんなに人間が都市を情報化させ、機械化したとしても、

野良猫や野良犬、ましてや鳩や烏まで、

管理しきれないであろうことを示したいのだろうか。

都市について、バトーとトグサが話している場面があった。

都市とは何か、を言い切ろうとすると、

足元をすくわれるので、気をつけるべきテーマだ。

デヴィッド・ハーベイ、エドワード・レルフ、イーフー・トゥアンくらいは読んでおかないと。

あれだけ薀蓄たれてくれたんだから。

今日の一言。

さて、『スカイ・クロラ』はどうしようか。

声優を使わなかったことが、

凶と出るか吉と出るか。

私個人的には、森博嗣と、相性良くないし。

映画館に行ってまで、ガッカリしたくないし。

悩みどころです。