読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

実家と言うものは。

ついに9月が来た。

ワタクシの誕生月でございます。

生意気にも誕生石はサファイア

うっかりするとダイヤモンドより高いざますヨ。

ギフト関係については、常に遡及効制限なしで、

前後半年間常時受付中ざます。

綿布団募集中なので、是非どうぞ。

さて、本日は実家と独り暮らしの関係について考察してみようと思う。

最近、PCモニタと会話しまう自分がいる。

独り暮らしが長いと、独り言が増えるというが、

それはやはり本当であった。

確実に、独り言は増えている。

時折、呟きが両親に似ていることもある。

怖いものである。

前々から、アマゾンの「おすすめ商品」を見ては、

「え、こんなの興味ないし」やら

「おぬし、なかなかやるな」などと、

リアル書店の少ない地域に住んでいることもあり、

仮想書店を見回っていたのだが、

最近は、DELLオンラインストアで見積もりをするのが流行している。

バッファローやらアイ・オーやら、

各メーカーのウェブサイトでスペックを調べたりしては、

「このオプションは要らないな」とか、

「おお、これが付属して+0円!」とか、

気がつくと呟いている。

かなり寂しい人みたいだ。

怖いものである。

実家に帰ると、こういう独り言は言わない。

何故ならそもそもPCが無い。

でも光ファイバーは繋がっている。

プロバイダにも入っている。

かつて、私が入っていたのをそのままにしているから。

で、もう一台購入を考察中なわけだ。

また、どういうわけか、母がPCを欲しがっている。

PCで、一体何をするつもりなのか、本人も良く分かっていないが、

とりあえず、私も実家に一台欲しいので、

与えてみようかと思っているところである。

ちょっと怖い。

実家は比較的近いので、結構帰っている方だ。

だが、両親が揃って在宅であった場合、

二人しか居ないはずなのに、まるで駅のホームにいるかのように騒々しい。

二人には広いはずの家が、満員御礼状態。

独身より長く、夫婦をやっているくせに、

意思疎通が相変わらずままならない。

怖いものである。

私は、騒々しさに耐えられなくなっては帰宅し、

独りの部屋に戻り、沈黙の中、PCと対談している。

で、独りに飽きると、実家に帰宅。

どっちも帰宅。

その繰り返しだ。

怖いものである。

実家では、家電及びIT関係(古くはゲーム機)並びにDIY

未だに全て私の管轄にある。

このようなジャンルは、

一般的には「お父さん」や「お兄ちゃん」が率先するものではないのか。

父は、気分だけは家庭内の全てを管轄下に納めているが、

実質担当しているのは、ゴミ捨て&アイロンだけだ。

しかも、アイロンは自分のものしか、かけない。

だが、父は使命感だけはあるようなので、

使命を果たしている気分を与えること及び、

洗濯掃除炊事等々は母担当(私は監督)である。

つまり、私が一番やかましいだけで、

全員が、やかましい。

血が繋がっているだけある。

怖いものである。

今日の一言。

世間の「お父さん」像と微妙にずれつつ、

ときどきピッタリ当てはまる。

概ね「父」と言う存在はそういうものである。

・・・のかもしれない。