読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

もうすぐ。

ご無沙汰している。

何と一ヶ月も経過していた。

その間、DIYやってたり、寝込んでみたり、

相変わらずと言うか、いい加減にしろ、といいたくなるような日々を過ごしていた。

すいません。

元気なのか、病気なのか、自分でもわからない感じです。

栄養の偏りを感じたので、実家でしばらく過ごしていた。

おかげで、CSTVの海外ドラマ三昧。

FOXかAXNで『CSI科学捜査班』、『BONES』、『Dr.HOUSE』を観ていた。

『24』や『LOST』はどうもダメだった。

続き物は苦手らしい。

ヴェロニカ・マーズ』とか『コールド・ケース』も観たりする。

さて、かねてより『Xファイル』ファンを自認してきたが、

FOXの思惑通り、『BONES』にはまっている。

Xファイル』よりは、全体的に明るい雰囲気でとっつきやすくしてるようだ。

スカリー + モルダー ÷ 2 = ブレナン博士というところか。

FOXも、もちろん、『Xファイル』を意識していると思うが、ついつい比較してしまう。

BONES』の場合、異性関係に関しては、『Xファイル』よりも開放的。

モルダーとスカリーは最後まで、男女の関係より、信頼関係を重視していたが、

ブレナンとブースはもっと男女の関係をからませてくるようだ。

また、スカリーが保守的であったのに対して、モルダーは宗教に対しては懐疑的でラジカル。

ブレナンが宗教に懐疑的で、ブースがカトリック

また、家族については、ブレナンの方が複雑で苦悩が多いのに対して、

ブースは元軍人で未婚の父、家族思いで、

モルダーよりも家庭的で社会的でマッチョ志向だ。

モルダーより部屋も片付いているし、ワーカホリックでもない。

陰謀論はホッジンズが担当している。

まあ、どれだけ続くか、FOXとしては、『Xファイル』程度には頑張りたいであろう。

さて、ブレナン博士役のエミリー・ドゥシャネルは、見かけより声が低い。

彼女自身の声が低いようであるが、

社会的に地位の高い女性は声が低いということから、

ある程度、役作りもあるだろう。

若い女性のキンキン声は聞くに堪えない。

どんなに素晴らしい説を唱えても、聞く耳を持ってもらえないからだ。

女性はカッとなると、ついつい高い声になりがちだが、ヒステリーと思われては損だ。

理論的に低い声で畳み掛けるべきである。

世の女性たちよ、むかつく男には、低い声で諭しをもたらすのだ。

また、最近のドラマは、キャストだけでも、人種や性別、年齢の幅が広がってきたように思う。

古いドラマでは、概ね男性が占めていた役どころを女性が担っていることが多い。

20世紀FOXとは言え、中身は21世紀仕様なわけだ。

と、言うわけで、『Xファイル』ファンの方もそうでない方も、

待ちに待った映画の第二弾、是非、ご覧あれ。

面白いかどうかは、責任持てません。

081105Xファイル映画.JPG

今日の一言。

『モーテル』と『ホステル』は意味は同じだが、中身は全然違う。

『モーテル』は『サイコ』系、『ホステル』は『ソウ』系。

間違えると、結構辛いと思う。

それにしても、スロバキア政府から苦情が来ないのか不思議だ。

いくらなんでも、ブラチスラバにはあんなホステルはないと思う。

名も無き東欧の街、とかにしておいても良いのではないか。