読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

邪な風。

邪な風と書いて、風邪。

日本語って巧いねえ。

今日は病について語ってみたい。

ちょっと下のお話も含んでいるので、

お食事を終えてからの方が良いかもしれない。

タイトルの通り、私は、今、風邪を引いている。

英語だと、「冷たい何かを捕まえてた」と言うらしいが、

これは、一般的な風邪に見られる諸症状を表現しているとは思えない。

私が英語を話せるようにならないのは、

いちいち、このような点に突っかかっているからであろう。

さて、風邪の話をしよう。

私は、目下、パブロンゴールド(散薬)・胃薬・バファリンで治癒中である。

通常服用している薬と合わせて飲んでも良いかどうか、

事前に薬剤師さんに予め聞いておいたので、

ためらいもなく飲めたのは良かった。

何か予知していたのかもしれない。

一時的とは言え、薬がまた増えてしまった。

薬漬けから脱出する日が待ち遠しい。

食後食前就寝前と、一日に何度も薬を飲む。

おかげで水ばっかり飲むことになる。

もう嫌になって、酒で飲んだりしちゃったこともあるくらいだ。

  もちろん、やってはいけないことだし、内緒だ。

  酒と薬の相乗効果なのか、ものすごいぶっ飛ぶ。

何も必要ないのに、わざわざサプリメントを飲む人の気が知れぬ。

そもそも、風邪の気配を感じたのは月曜日の夕方であった。

飲みすぎで気持ち悪くなって吐いてしまいたいのに、なかなか吐けない状態と、

飲みすぎで、翌朝頭が痛くて、ふらふらする感じが同時にやってきたようだった。

酒を飲んでいないのに、酒の悪影響だけ感じるのはすっごい損な気がした。

だが、薬を飲み、一晩寝てから治りかけてくると、

今度はお通じが良くなった。

下っているのではない。

詰まることはあっても、滅多に下らない腹である。

そこで私は考えた。

もしかして、今まで便秘薬が効かなかったのは、

腸の問題ではなく、胃の問題だったとか?

「ピンクの小粒コーラッ○」も効かなかった。

と言うか、効かなかったでは済まないくらい、酷い目にあった。

あれは神か、御仏か、彼岸と言うものなのかもしれない。

とにかくヤバイところまで行って来た。

もう10年以上前、最初で最後のピンクの小粒を飲んだときのことである。

飲んでから数十分か、一時間か、とにかく効き目は直ぐだった。

ひどい下痢のような症状が私を襲った。

が、下痢ではなかった。

何も出てこなかったのだ。

そして、手足が冷たくなり、腹痛は激しくなった。

下痢の症状とよく似ているが、下痢ではない。

いつまでたっても、何も出てこない。

繰り返す痛みの中、意識が朦朧としてきたところで、私は思わず神に祈った。

「神よ、私は間違っていたのですか」と。

それ以来、ピンクの小粒は飲まない。

うっかり宗教に目覚めるかもしれないし、ひどい場合は、死に至りかねない。

と言うわけで、今後は、便秘薬ではなく胃薬を買うことにしよう。

さて、痛みには様々な比喩があるが、

誰かにその痛みを伝える意味はあるのだろうか。

胃の場合、

「雑巾を絞るように、胃が絞られているようだ」

と言うことがある。(あるよね?)

今回もやられた。

そもそも、胃を絞られたこと等無いはずなのに、

何故このような言葉が出てくるのであろうか。

しかし実際に痛いときは、

「この野郎、痛いじゃないか」と誰かを罵倒したくなるくらい、

「絞られてる~~!!!」と感じる。

他にも、胃がキリキリするときは、

胃が内部から溶かされているようだと感じる。

多分、胃酸過多だ。

結構頻発する症状で、決して珍しくもなんとも無い。

逆に胃が全く動いていないときもある。

こちらが厄介なのは、全く痛みが無いことだ。

腹は減るし、食欲もあるので、三度三度食べてしまう。

しかし、何しろ胃がストライキしているのだから、

ろくに消化されずに、先(つまり小腸)に巧く進まない。

そのせいだろう。

腹がどんどん膨らむのである。

何かインプラントされたか、エイリアンの卵でも植えつけられたか、

いきなり妊娠4ヶ月とか5ヶ月みたいな感じだ。

服が入らなくなる辺りから、薄々気がつく。

そして、消化の最初の関門が閉ざされ、詰まりだすわけだ。

痛い場所と原因がずれるのも大問題である。

頭痛の場合。

頭に孫悟空の輪がついているように痛いとか、

頭の片方だけ痛いとか(いわゆる偏頭痛)、

巧くいえないけど、一部だけ痛いことが多い気がする。

また、頭が痛いのか重いのか良く分からないが、

とにかく頭が邪魔に感じるときもある。

頭を外したくなる。

頭を外したら、何が良くなると思っているのか。

自分でもわからない。

第一、死んでしまうのに、どうしてそれが解決法だと思うのだろうか。

やはり、頭がおかしいのだろう。

肩こりや腰痛の場合はもっと単純だ。

ひたすら固まっていく感じ。

凝りが激しくて、ちょっと触られただけでも痛いとき。

薪を背負って歩く二宮金次郎な気分のとき。

さらに進むと、鉄板背負っているような気分になるとき。

鉄板のせいなのか、ものすごい力で押されても何も感じなくなるとき。

どんどん痛覚が鈍くなるらしい。

そのため、マッサージに行くときは、女性より男性の施術を希望している。

申し訳ないが、概ね女性の力では効果が無いのである。

私は、体調が悪かったり、何処かが痛いとき、

うつぶせになり、ダンゴ虫のように丸くなる。

何か楽になった気がするのだ。

でも、きっと何も良くなっていない。

もしも、このまま死んだら、丸まって死んでいるのを発見されるのだ。

他の人はどうなのかは知らないけど。

人は体を丸めているほうが自然に近い気がする。

けれど、昆虫は死ぬときは仰向けになっている。

毎年夏の終わりにたくさん見かける蝉を見る度に思う。

今年は、自宅扉前にて一生を終えかけている蝉を、写真に撮ったので公開。

ほらネ。仰向け。

081127死にかけた蝉は何故仰向けなのだろうか。.JPG

何かに降参しているのかもしれない。

今日の一言。

まだ邪な風が私をたぶらかしているので、休みます。