読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

取扱説明書。

こんにちわ。ご無沙汰でござる。

気が向いたときだけ書いているのでご容赦頂きたし。

本日、両親の結婚記念日である。

成人の日は変わったけど、何か変わってない気がするのはそのせいだろう。

さて、今日の話題は、表題の通り、取扱説明書である。

もちろん、昨年流行した『B型取扱説明書』系の本のことである。

いつの間にか種類が増えている。

柳の下のドジョウにも限度がある。

で、ワタクシ、B型なのであるが、ちょっと書店で立ち読みしてみた。、

ドンピシャ

だったりする。

B型は悪く言われ易いから、面白いのであろうと思うが、

ホントは、態度はでかいが、気は小さいのヨ。

毒を吐きつつ、ガラスのハート[黒ハート]

と言う帯の文句の通りなのである。

もちろん、全てのB型の人がそうというわけではない。

一方、『R30女取扱説明書』も、カテゴリーとしては含まれてしまうワタクシ、

少々試してみたところ、

ぜんぜんダメー

なのであった。

『JJ』読んでないし、ブランド品卒業とか言う前に入学すらしていない。

そもそも、この本の言うところのR30女は、いわゆるアラサーと違うような気がした。

『SPA!』で出てくるような女子をそのまま「一般的な女性」にしてしまっているような、

二十代から三十代前半男性諸氏の想定したような、

もっとぶっちゃけてしまえば、以下のようなプロフィールを想定していると思われる。

今29歳(で、今年で30歳[あせあせ(飛び散る汗)]

文系短大卒、事務職、好きな色はピンク。

ヴィトンのバックは一つは持っている。

財布はグッチかコーチ、

メイクポーチはかつてプラダを愛用していたがある。

髪の毛のお手入れは決まったヘアサロンで指名。

ネイルも、ちゃんとセルフケア+サロンでお手入れしているが、

お仕事の都合上派手にはしない。

家事全般は出来ないわけではないが、あまりしない。

得意な料理は自称肉じゃが(実際は不明)。

仕事か合コンか、

状況に応じて、巻き髪にしてみたり、まとめ髪にしてみたりとヘアアレンジ。

メイクも、顔色をキレイに見せるようにしたり、

艶感やキラキラをプラスしたりとアレンジしている。

メイクアイテムは、ベースはRMK、資生堂カネボウあたりのドメスティックブランド。

マスカラはランコムかシャネル、ディオールあたり。

リップは、スティックとグロス、両方使う。

自称敏感肌。

ポーチには必ずメイク道具一式充填。

お昼休みには必ず歯を磨いてメイクを直す。

平日の夜は習い事か、ジムに行くことがあり、

時々、学生時代の友達と飲んだりもする。

彼氏はいたりいなかったりで、長い付き合いもしたことがあるが、未婚。

PCとか電化製品はちょっとニガテ[黒ハート]

今の仕事は嫌いではないが、どれくらい続けるかは決めていない。

やりがいはそこそこ感じているが、

大手企業に勤める男と結婚できたらやめても良いと思っている。

主婦になったら、子どもにはすっごいかわいい服着せたり、

お弁当作ってあげたり、愛情たっぷりかけてあげたいと思っている。

感受性を育てるために、リトミックスや音楽やダンス、バレエなど、

将来のためには、英語ももちろん必要だと思っている。

子どもの可能性は無限、と信じているので、

自分だって、親がやらせてくれれば、もっとイロイロできたはずだと思っている。

等など、

ちょっと頭悪いような、可愛いような、

実際いるようないないような、

オトコの中ででっち上げられたオンナノコのイメージ。

つうか、誰だ、コレ。

現実には、この条件に当てはまっても、

全く別の分野においては非常に聡明であったり、

家事全般得意だったり、

毎日スッピンだったり、彼氏要らないと思っていたり、

とにかく、そんな女、いるんだけど、いないんだな、みたいな。

意外と、今のアラサーはタフネスなので、

どちらかと言うと、アラフォーの方がこういう傾向は強いと思うけどな。

というわけで、B型のアラサーは、ちょっとへそ曲がりなので、

ワタシは、『ELLE』や『SUPUR』は読んでも、『JJ』も『an・an』も読まないし、

メイク道具一式持ち歩かないし、鏡も見ないで出かけること多し。

(毎日メイクすると肌が荒れます)

髪の毛は、近所の美容室。

特にオーダーしないで、全部美容師さんまかせ。

毎朝起きたときの髪型が今日の髪型。

まあ、こんな具合である。

じゃあ、男はどうなんだよ、と思いますよね?

でも、今日はもう、イロイロ書きすぎたので、

ワタシ的予想については、後日。

乞うご期待。

今日の一言。

ダニエル・クレイグプーチンさんじゃありません。

スティーブ・マックイーンっぽいのです。