読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

常に誰かと違うこと。

今日は映画の話。
とりあえず、映画館で見た映画を一つ。

 
ココ・アヴァン・シャネル

ココ・アヴァン・シャネル [Blu-ray]

ココ・アヴァン・シャネル [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



言わずと知れた、オドレイ・トゥトゥ最新作にして、
ココ・シャネルの若い日々を描いたフランス映画である。

オドレイ、化けた。
お見事である。
綺麗になったとか、
演技が巧くなったとかではない。
貫禄がついてきた。
女の旬は若いうちだけではないのだ。

さて、この映画であるが、一部不興を買うにも理由がある。
一言で言ってしまえば、「地味」なのである。
もう一つ付け加えるなら、「女」。
一つのラブ・ストーリーだと思っていただければ、面白い。
あまり、モード界については、描かれていないので、
ココ・シャネルという人に興味のない人には退屈な映画であったと思う。


当時の女性にとって、出生と結婚で、人生のほとんどが決定していた。
孤児は、出生の時点で、すでにスタート地点より相当に後ろに立たされている。
よって、より社会的地位や経済的ゆとりの大きさを得るためには、
伴侶としてではなく、愛人となるための、男性探しが重要な課題であった。


「女性」ということ、そのものが、過剰であった時代だ。
美しくたおやかに、飾り立て、
酒を飲んでは踊り、歌い、はしゃぎ、笑い、
貞淑でありつつも、官能的であることを求められていた。
表情は豊かに、大げさに。
何もかも、女性というジェンダーが過剰であった。
そんな時代に、機能的で簡素な様式美を見出したのである。

と、まあ言い切ってみたが、つまり、シャネルの服やバッグの話はないよ、ってことだ。

 
私は、ココ・シャネルという一人の女性を、
常に希望と野心を忘れない強い心を持って、
周囲に求められることよりも、
自分が何を欲しているのかを見つめ、
人を観察し、本を読み、知識を備え、
流れに敢えて身を任せずに、働くことに自立の道を求めたこと、
映画では描かれていないが、
晩年までその生き方を貫いたことに、
尊敬とともに畏怖すら感じる。


そこまで固い決意と強い心を持たなければ、
自分を見失うようなことに。
 

彼女は今の言い方で言えば「ワーカホリック」だ。
働くことでしか、自分を確立できなかった。


「私は誰とも結婚しない」という決意は、
毅然とした、自立した女性として、美しくもあり、
家族を持たないという、孤独な選択でもあった。
今もなお、結婚とは、多くの女性の人生にとって、
その後の人生の方向性を決定付ける分岐点となっている。

社会的に容認されてきたとは言え、
いつ、どんな相手と、結婚しようと、離婚しようと自由になったとは言え、
シャネルのように生きることは厳しい。

シャネルのようにありたいと思う人がどれだけいるか、わからない。
が、常に、誰かと違うことをしていなければ、
仕事がなくなる時代にあって、
常に、誰かと違うことの難題に向き合わねばならない。
誰かと同じであることは、
まるで罪であるかのように突きつけられることとは、
これもまた、大変な困難なのではないかと思う。

 

今日の一冊。

42kg減!華麗なるダイエット (集英社be文庫)

42kg減!華麗なるダイエット (集英社be文庫)

  • 作者: カール ラガーフェルト
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫
 
 
 
 
 
邦訳が出る前から待ってました。
発売日に買いました。
これは痩せる本ではありません。
カールの偉大さを知るための本です。