読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

おぼえていますか。

愛、じゃないぞ。
今日は、懐かしのCMネタだ。

さて、不況不況と言われても、
やめるわけにはいかないよ、
ってことで、
東京モーターショー、開催中なのだが、
ホンダから白羽の矢のたった、例の家族のCM、よく見るネ。

日本一の家族。

活動範囲狭っ!


ラムちゃんだって、友引町限定だし、
まあ、そんなもんなのかもしれないけど。


それにしても、怪獣ってやっつけた後、回収してるのか。
回収の輸送手段はステップワゴンで解決、かもしれないけど、
その後の処理が気になる。
バイオセーフティレベル最高でも処理出来ない感じだ。
それを、ステップワゴンで運んで大丈夫なのか。
ステップワゴンで良いなら、
ハイエースでも大丈夫そうだ。
(というか、ハイエースの方がいっぱい乗りそうだ)
怪獣にはホンダの方が向いているのか。
それこそ、ホンダの技術力なのかもしれない。

もしかしたら、矯正施設がどこかの星にあって、
そこに送っているのかもしれない。
侵略にも、ルールがあるってことなのか。
ぽよんぽよんって引き取りに来るのか。
ゲロゲロ~でありますな。

それにしても、財源が謎だ。
おそらく、ホンダは、無償提供しているのだろう。
国連特務機関みたいに、
「国一つ、傾くよ」
なんてなったら大変だし。

以上、妄想終了。

ステップワゴンで引っ張ってしまったが、
本題に戻ろう。

ウルトラ家族へのギャランティーがいくらかはよくわからないが、
そうそう安いわけはない。

そもそも、車のCMでは、
当世の人気タレントや、馴染みのキャラクターを使うことは、
それほど珍しいことでもないし、
常套手段ではあるのだが、
高くつくであろうと思われるわりに、
記憶に残るCMは意外と少ないのではないだろうか。で、ふと考えてみた。
古くとも、記憶に残るCMには、

誰が、とか、何の、っていうより、
五感で言うところの、音、が大きい気がする。
コピーも、語呂の良さや、印象重視で、
意味不明でもかまわない。
逆に、後々わからなくなるくらい。


先日まで、
峠を曲がる車から、女の子が「さるさる~~!」って言ってはしゃぐCM
車だったのは覚えていたが、
てっきり、インテグラだと思っていた。

あれは、日産サルーンで、女の子というのは、松嶋菜々子だったのであった。

同時期の日産ニューアベニールで、
「お・ま・た・せ」
で美脚を露わに、後部座席から現れるのも、松嶋菜々子

うろ覚えのCMをここまで引っ張ってくるのは大変だった。

http://www.youtube.com/watch?v=r_LQ-QCkVPY

YouTube、すげえな。
貼り付けできないけど。

YouTubeで検索した結果、
インテグラは、やっぱり、
インテグラ!ノッテグラ!」だった。


オヤジギャグ一歩手前か、一歩過ぎた感じが、
逆にインパクト大。
もう20年、同じことしてんのな。

おまえはアエラか。アエラの一行広告なのか。

いや、アエラは、ちょっと悦に入ってるのがわかってヤな感じがする。

ブラピのときも、
もっと前のマイケル・J・フォックスのときも、
インテグラ!カッコイーグラ!」
インテグラ!カッテグラ!」
ジュリエット・ルイスにも、
インテグラ!ノッテグラ!」

http://www.youtube.com/watch?v=to1YkP0cJTc

言わせてる感、全面に出ているけど、
ホンダは本気らしい。
というか、
ホンダは、外国人に、
なまった日本語言わせるのが好きなんじゃないか。

最近では、去年あたりから、流れている
「チョードイー、ガ、サイコー、フリード!」
に同じ流れを見た。

ところで、「誰、この変な外人?」
と思った人も多いのではないか。
私は、ショーン・レノンだと気がつくのに、結構かかったヨ。


車メーカーとしては最大手のはずのトヨタのCMは、
数多く見ているはずなのだが、意外と思い出せない。
ライオン頭のハリアーくらいか。
そういう意味では、ホンダは巧いのかもしれない。
今流れているCMで、とりわけ強烈なのが、日産。
カンガルーじゃないぞ。
あれだ、あれ。
インパクトに徹したといえば良く聞こえるが、
ブランドコンセプトが読めない。
良いのか。
コレで↓

http://www.nissan.co.jp/NEWS/CM/#/EA_013/LARGE/


今日の一冊。
ルネッサ~ンスだね。

ルネッサンス ― 再生への挑戦

ルネッサンス ― 再生への挑戦