読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

似ている対決。

 

11月になって、いきなり冬めいてきた。
文化の日、久しぶりに月曜日以外の祝日、
ユニクロでマイクロフリースの部屋着を買おうと思ったら、
長い行列が出来ていた。
考えることはみな同じってことなんだろうけど、
ユニクロ一人勝ちと言われるだけある。

週刊東洋経済』の中吊り広告に
ユニクロ栄えて国滅ぶ」
とまで書かれていたが、
国はともかく、栄えているようである。

さて、今日のニュースは、ロンドン市長について。

今月の英国版『ELLE』の表紙を飾ったらしい。

昨年の夏、北京オリンピックのラストに登場したとき、
ジャケットの前、開けっ放しで、
「それってどうなのよ」
と思ったのも、随分前のような最近のような。

テレビでちらりと見ただけで強烈な印象を残しただけあって、
やはり、身だしなみに問題ありありらしい。
そんな彼がファッション誌の表紙なのも、
ロンドン・ファッションウィーク25周年で、
次のオリンピック開催地だからである。

日本版でも「ロンドンモードが熱い!」ということだが、
ロンドンとはほぼ無関係のリンジー・ローハンが表紙。


身だしなみがだらしないというのは、
時と場合に合わせていないという意味であって、
平たく言うと「空気読めない/読まない」である。


某知事もお召しになっているオリンピック招致服(一着20万だかなんだか)は、
だらしないわけではなくセンスの問題。
パリコレに出たことある人に頼めば大丈夫だろうと言う単純さや、
一般人が着ることを想定していないデザイン性が、
異臭もとい異彩を放っていたのである。
紫に光沢感のあるスーツだぞ。
難しすぎ。
売れない演歌歌手か、売れないホストみたいになること請け合いである。
この「売れない」感は、おそらく各自が着こなせていないからであって、
ア×キのモテスーツの方が、カッコがついたのではないかと思う。
安くあがるし。

ま、挙動及び言動に問題ありよりは、ずっと良いけどね。

ボリス・ジョンソンというお名前なのだが、
名前が故エリツィン元ロシア大統領と同じだけあって、
雰囲気が似ているような気がする。
似ていると言えば、
米国版『VOGUE』編集長のアナ・ウィンターは黒柳徹子に似ている。

今日の一冊。

もう10年目。創刊号買った記憶があるんですけど。