読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

タイタニックは見たけれど。

 
 
アバター』は見ていない。
最近の映画では珍しいことに、チケット完売なのである。
確かに、スクリーンで見たい映画ではあるが、
ストーリーの話はあまり聞かない。
やっぱり関心は3Dにあるのだろう。
 
さて、冒頭のニュースにあるとおり、
私も映画ばかり見ているが、女性が監督の映画は確かに少ないと感じていた。
そう思っていたら、やはり少なかった。
作品の傾向や質と制作者の性別がどのように関係しているのかは、
正直なところ、はっきりとはわからないが、
関心の方向性は変わってくるであろう。
ハル・ベリーが主演女優賞を取ったときのスピーチを思い出す。
人種と性別は、大きな壁であると同時に溝であるように見える。
本当に、人種や性別が変わることによって「何か」があるのかは明言できないが、
アカデミー賞の結果とその影響は大変大きなものであろう。
 
また、映像技術の変化と発展によっても映画は大きく変化してきた。
今から10年前の1999年、『マトリックス』をエポックメイキングとして、
そして2009年の『アバター』もまたエポックメイキングとなるであろう。
 
アバター』が新たに成し遂げた歴史的興行成績の意味するところは、
3D映像と、それだけの膨大なデータを収められるメディアとしてのブルーレイの一般化だろう。
 
しかし、映像だけが映画の全てではないことは明らかだ。
実際、白黒であっても、古いフィルム映画には素晴らしい作品がたくさんある。
映像技術が多用になったことの可能性だけでなく、
今後は、映像以外の面に着目した映画作りを期待したい。
 

とりあえず、絵がカッコイイのも一つの方向性かと思います。
 
ザ・スピリット [DVD]

ザ・スピリット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

サミュエル・L・ジャクソンは食わせ者の役がピッタリ。