読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

何度も観るドラマ

気に入ったドラマは、セル版を購入して、何度も観るタイプですが、
面白いドラマは山ほどありますが、購入に踏み切れないものも多いです。
主に値段と嵩が理由ですが。

私が購入して当たりだったドラマは、幾つかありますが、
どれもスリム版が出たことが一番の決め手ですね。

というわけで今日はお気に入りドラマの紹介です。
 

□『X-FILE』(全9シーズン)


 あの、オープニングテーマが有名になってしまいましたが、
 全部見ている人はどれくらいいるのでしょうか。

 基本は、FBI捜査官を主人公にした犯罪推理ものです。
 20世紀FOXから出ているからなのか、
 主人公は、フォックス・モルダーと
 ダナ・スカリー。
 フォックス、とはかなり変わった名前だと思います。
 
 常に科学的見地に立ち、
 超常現象を説明しようとするスカリーと、
 現在の科学では説明出来ないものを信じるモルダーが、
 妙な事件を探し出しては、
 ああでもない、こうでもない、
 と捜査するお話です。

 モルダーは、変人ですが、
 もともとハーバード出身のエリートです。
 妹のサマンサが行方不明になったことをきっかけに、
 超常現象に興味を持ち、
 捜査機関へ入ることになったという背景があります。
 サマンサのことになると、
 暴走しますが、
 変なネクタイしてたり、、
 美人に弱かったりと、
 結構可愛いところもあります。

 もともとイケメンのはずです。

 78953799687502558_ATr6HFkQ_b.jpg


 一方で、スカリーは、医学と法学を修めた、
 法医学者で検死官としても活躍します。
 彼女は、科学一般にも精通しており、
 モルダーが、「UFOだ、宇宙人だ」と言うのを
 「それはないだろ」となだめる役目です。
 途中、行方不明になったり、
 病気になったり、妊娠したりと、
 Xファイル担当になってから
 結構ひどい目に遭いますが、
 ちゃんと乗り越えます。

 スカリー役のジリアン・アンダーソンは、
 初期の若い頃より、
 中盤から終盤のシーズンの方が美人だと思います(*^_^*)

13440498858128243_OeWytaRn_c.jpg


 90年代のドラマなので、
 携帯電話は普及しておらず、
 PCモニターもブラウン管で、
 時代を感じます。
 今だったら、携帯のGPS機能とか、
 タブレット端末とか、
 デジカメとか、
 簡単に使えますからねえ。

 モルダーからスカリーに電話するときは、
 いつも
 「It's me」(僕だ)だけです。
 まさに「おれおれ」状態。
 スカリーはそれだけでモルダーだとわかります。
 夫婦でも恋人でもないけれど、
 深い絆がわかりますね。
 良い話だ。

 第9シーズンまであって、長いですが、
 何度も見返してます。
 私が買ったのは、初期のDVDセットですが、
 最近、コンパクト版が出たので買いなおしたい。
 特にシーズン4から6がお気に入りです。

 ときどき、笑いのあるエピソードがあって楽しいですヨ。
 決して怖い話ではないのですが、
 ホラーっぽい印象があるのかもしれません。



□『Dr.HOUSE』(シーズン1~5)


 デビッド・ショアとブライアン・シンガー製作。
 主演は、イギリス人俳優のヒュー・ローリーですが、
 アメリカのドラマ。
 これも、20世紀FOXです。

 主人公が若くない代わりに周囲のキャラクターは若いです。
 人物の配置が上手ですね。

 気がつくと、ハイティーンが主人公のドラマを
 観ようと思わなくなってきた方向け。
 『ビバリーヒルズ青春白書』から、最近流行の
 ヴァンパイアものは、みんな若いですからね~~。

 あれはあれで、フレッシュで良いのですが、
 年齢とともに遠のいてしまっております。

 2012年現在シーズン6までレンタルもセル版も出ています。

 最初買ったセットは、かさばってしょうがないので、
 アンケートで、コンパクト版を出せ出せ言った甲斐がありました。

 シーズン3でコンパクト版が出た時に買いなおしました。
 20世紀FOXに貢ぎ過ぎです。 

 いわゆる医療ドラマではありますが、
 『ER』や『グレイズ・アナトミー』とは違い
 症状から病気を探る推理物です。

 制作者のインタビューによれば、
 シャーロック・ホームズみたいにしようとした、
 という話です。

 DVD一枚に2話ずつ、基本1話完結です。
 いつか、ブルーレイでさらにコンパクトにならないかなあ。
 これも、時間をおいて、何度も見返しています。

 初期にハウス先生の元恋人を演じたセラ・ウォードが、
 CSI:NYのシーズン6のレギュラーで登場しています。
 サンドラ・ブロックに似た、男前タイプの美人ですね。

 最近ストーリーが重たいので、シーズン6は未購入。
 気分が向いたら買います。


□『クリミナル・マインド』(シーズン1~3)

 テレビシリーズとしてはエグイですが、
 これ、ディズニーカンパニーです。

 コンパクト版がお安く出てくれました。
 これも、最初のDVDボックスはかさばるし、高いしで、
 レンタルで頑張ってました。
 やれば出来るんだから、最初から出してください。

 FBIのBAU(行動分析課)が地方の警察から依頼を受けて、
 現地に赴きアドバイスすると言う、
 きちんと、行政や管轄のルールを守った展開が好印象。
 ときどき、
 「お前ら、何の権限があって、銃を振りかざして、
  事件のこと嗅ぎまわってるんだよ」
 みたいなお話、ありますからね。
 アメリカは合衆国であり、
 市や郡、州にそれぞれ公安組織があり、
 さらに連邦政府もまた、
 多種多様な捜査機関を持っていますが、
 どの機関も勝手な捜査は出来ません。
 きちんと、管轄があり、
 合同捜査をする場合は、
 関係各所への要請があります。
 こうした関係も分かりやすく描いていると思います。

 リアリティは細部に宿るのであります。

 これも、結構登場人物が若くないのですが、
 20代から50代まで、男女比率もほぼ半々、
 さまざまな背景のキャラクターを配置しており、
 巧いなと思います。

 プロファイリングと言う手法は、FBIが築いたもので、
 90年代の異色のアカデミー賞受賞作『羊たちの沈黙』以来、
 広く世間に知られるようになりましたが、
 誤解されていることも多いと思います。

 このドラマでは、かなり丁寧に
 心理学的アプローチを描き、
 犯人像に迫ることで、
 具体的に、どのような人物を探しだすべきかの助言をします。
 そういう意味では物的証拠が第一の
 科学捜査とは違い、
 曖昧で適当な印象も持たれがちですが、
 膨大な事例を基に、理論的に考察するものですから、
 これもまた科学なのであります。

 日本では、これを真似たと思われるドラマが結構ありますね。
 詰めが甘いものも多いですが。。。

 ドクター・リード役のマシュー・グレイ・ギャブラーが、どんどん可愛くなります。
153755774748294945_rp0FsFoX_c.jpg

 シーズン4のコンパクト版が、この12月に発売されます。


 
とりあえず、今日は3つご紹介しました。
また日を改めてドラマを紹介したいと思います。


今日の一言。
アメリカだと、おれおれ詐欺
It's me詐欺になるのか。

こんなのだったらモルダー泣いちゃうかも。