読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

「コン・ティキ」(2013)

映画

Kon-Tiki (2012) on IMDb

コンティキ号の冒険を映画化した作品。

海をさまよう映画だと、近年では「ライフ・オブ・パイ」(2012)が有名か。

 

ライフ・オブ・パイ」は映像美が注目の作品だが、

こちらは、ノルウェーの人類学者トール・ヘイエルダールによる冒険譚を映像化した作品である。

ポリネシアの人々の起源は1500年前に南米ペルーから筏で渡ってきた人々である」

という自説を裏付けるための冒険であり、

幻想的なシーンの多い「ライフ・オブ・パイ」と比べるべきではないと思う。

 

そもそも自主的に海に出ており、準備は万端だ。

途中、嵐やサメとの遭遇で冷や汗をかくが、

結末がわかっているせいか、のんびりしたムードがある。

ただ、主人公トール自身は航海によって妻と子と別れることになった。

 

19世紀から20世紀前半は、

科学的にも大きな飛躍を遂げた時代であり、

様々な分野で定説が覆されてきた。

ダーウィンの「進化論」、ヘディンの「さまよえる湖」、

ウェゲナーの「大陸移動説」等、

現地調査が重要な役割を果たしている。

コンティキ号で有名なトール・ヘイエルダールもその一人だ。

現代であってもヘイエルダールの説には疑問も多く 

ポリネシア人の起源については、まだまだ決着はついていないようであるが

彼の航海はとても重要であったことに変わりは無い。

 

原作となる「コンティキ号の冒険」は未読なのだが、

こうした冒険譚は大好きだ。

子どもの頃はインディ・ジョーンズになりたかったし、

大学では地理学を専攻して、巡険にもよく行った。

現地調査は楽しい。ホント。

行く前と帰ってからも同じくらい楽しいと良いのだけどね。