読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

まるで映画のような。

横浜は気持ちの良い秋晴れ。

国会では小渕優子大臣のベビー用品購入がどうとか

そんなことで盛り上がっているようだが、

元首相の娘にして現大臣ともあろうものが、ずいぶんと脇が甘い。

アフリカにとどまらず、

ヨーロッパアメリカでも感染者を出したエボラ出血熱については、

あまり切迫感がないような気がする。

大丈夫なのか、日本政府。

 

ハリウッド映画だと、いつも日本の扱いは小さい。

「東京と通信が途絶えました」のセリフで片付けられるのが関の山。

または、東京タワーから渋谷スクランブルを背景に

逃げまどう人々と死屍累々の屍のワンカットでおしまい(・ω・`*)ショボン ...

もしもエボラが空気感染したら!? パンデミック映画が現実化する恐怖 | 日刊SPA!

 

アウトブレイク」はもう20年も前の映画なんだな。