読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

アニメ映画ベストテンを上げてみた。

映画

アニメ映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <アニメ映画ベストテン受付中>

 

ワッシュさん恒例の映画ベストテン、

今年は、零細とはいえブログを再開したことだし、

今後も継続するためにも、企画に参加です。

 

 1.ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009)

 2.GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊(1995)

 3.地球へ・・・(1980)

 4.風の谷のナウシカ(1984)

 5.ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)

 6.さよなら銀河鉄道999ーアンドロメダ終着駅ー(1981)

 7.銀河鉄道の夜(1985)

 8.機動警察パトレイバー The Movie(1989)

 9.AKIRA(1989)

10.世界名作童話 白鳥の湖(1981)

 

1.ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

唯一の2000年代になってしまったが、

最近では一番好き。

旧劇場版も劇場で見たけれど、まさか、エヴァで気持ちいいと思うとはね。

エヴァも、ミサトさんもカッコ良いし、

シンジもレイもアスカも可愛い(*´∀`*)

 

2.GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊(1995)

当時、原作コミックスも知っていたし、

アップルシードも知っていたけれど、別に、それほど注目してはいなかった。

カッコよさにしびれた。

オープニングから、草薙素子登場までのシーンが大好き。

見てすぐに、サントラCDを買いにタワーレコードに行った覚えがある。

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊  [Blu-ray]
 

 

3.地球へ・・・(1980)

原作は竹宮惠子で、1978年に星雲賞受賞し、

2007年には、テレビシリーズアニメにもなった。

人類は、住めなくなった地球を離れ、

自然出産が無くなり、全ての情報が管理された時代、

超能力を持った人々ミューと、持たない人々との戦いと和解の物語。

少女マンガSFの金字塔だと思う。

ソルジャー・ブルーがジョミーに後を託すシーンは何度見ても切なくなる。

竹宮惠子氏は、現在、京都精華大学学長。

つい先日に紫綬褒章まで受章され、すっかり偉くなってしまった。

地球へ・・・ [Blu-ray]

地球へ・・・ [Blu-ray]

 

 

4.風の谷のナウシカ(1984)

ジブリの看板アニメとして有名になったが

当時は、鳴りもの入りという程ではなかった気がする。

初めて映画館で見た時は、ストーリーがよくわからなかったが、

火の七日間の設定が怖かった。

当時は、冷戦が終わっていなかったこともあり、

米ソの核爆弾によって、

火の七日間のような戦争が起きるのではないかと本気で怖かったのだ。

一方で、メーヴェで颯爽と空を飛ぶナウシカがかっこよくて好きだったし、

もちろん他の飛行機が出てくるシーンも好きだった。

今でも好きなアニメ映画だが、

子どもの頃見たような高揚感を、すっかり感じられなくなってしまった。 

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

 

 

 

5.ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)

藤子・F・不二雄原作の大長編まんががある映画はどれも好きだが、

私の考える一番は魔界大冒険だね。

ドラえもんのび太が石になってしまうところが怖くて好き。

あと、石ころ帽子で散り散りになっていくところとか。

ドラえもんでありながら、秘密道具ではなく魔法を使うのも良い。

もしもボックスの素晴らしい使い方である。

 

 

6.さよなら銀河鉄道999ーアンドロメダ終着駅ー(1981)

マンガやテレビアニメ版より、少し成長した星野鉄郎が、

メーテルを訪ねる旅の中で、少年から大人になっていく物語。

これも、何度見たことか。

特に、中盤、惑星メーテルで、ミャウダーと出会うところが好き。

主題歌も大好き。

 

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]

 

エンディングテーマの「SAYONARA」も好き。 


さよなら銀河鉄道999 ED -SAYONARA- HD - YouTube

 

 

7.銀河鉄道の夜(1985)

宮沢賢治の小説を原作にして、

ますむらひろしの猫によるジョバンニとカンパネルラの物語。

監督は杉井ギサブロー、音楽は細野晴臣

白鳥ステーションで降りるところが大好き。

ブルーレイ化がとっても嬉しい。 

銀河鉄道の夜 [Blu-ray]

銀河鉄道の夜 [Blu-ray]

 

 

 

8.機動警察パトレイバー The Movie(1989)

パトレイバーと出会ったのは、連載もとっくに終わって、

アニメも映画も全部終わってから。

映画はマンガを全部読んでから見た。

主人公と言えるような中心的人物がおらず、

姿も声もない帆場が主人公のようなものだ。

後藤警部補と松井刑事のやり取りと一連の謎を巡る捜査過程が面白くて好き。

GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊」と同じく、

監督と音楽は、押井守&川井憲次

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー 劇場版 [DVD]

 

 

 

 9.AKIRA(1988)

好き、とはちょっと違うかもしれない。

私は個人的に多大な影響を受けた作品である。

どうやら、世界中で影響を受けた人がいる模様。

何度も見たわけでもないし、かっこいいとは思わなかったけど、

一度見ただけで一生忘れない。 

AKIRA 〈Blu-ray〉

AKIRA 〈Blu-ray〉

 

 

 

 10.世界名作童話 白鳥の湖(1981)

ソフト化されていないが、テレビ放映したときのビデオ(しかもベータ)を

何度も何度も何度も見た。

ストーリーは、バレエの白鳥の湖と基本同じ。

音楽もチャイコフスキー白鳥の湖でドラマチックに使われている。

キャラクターデザインは、いがらしゆみこ

「キャンディキャンディ」の絵の方である。

オデット姫が可憐で可愛らしい。

白鳥になって飛び去るシーンとラストが好きだった。

ジークフリート王子の声が志垣太郎でオデット姫の声は竹下景子だったのは、

さっき、ウィキペディアみて知ったΣ(゚д゚)

是非是非ソフト化して欲しい。


El Lago de los Cisnes 1981 (Español Castellano) - YouTube

YouTubeにスペイン語吹き替え版があった。

 

世界名作童話 白鳥の湖 - Wikipedia

 

以上。

 

 

劇場公開されたものではないので、外したが、

雲のように風のように」(1990)もすごく好きな長編アニメである。

 

こうして見ると、80年代日本アニメが多く、

音楽も合わせて気に入った作品が多い。

アニメは実在しない世界を描くからこそ、音楽の役割がとても大きいのだろう。

 

他の人のトップテンを見ているのも面白いもので、

自覚していなかった自分の好みがふとわかったりもする。

私の場合、少女マンガ好きで、抒情的なSFを好むらしく

ガンダム宇宙戦艦ヤマトは思いつかなかった。

そもそもヤマトは見ていないし。

でもガンダムエヴァは上位だろうな。

 

ワッシュさん、統計取るのも大変かと思いますが、楽しみにしています。