読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

映画「ジュピター」を見た(速報)(ネタバレ有)

映画

サクラサク。

すっかり春。

花粉症でなくとも目がかゆくなる季節。

 来る3月28日公開の「ジュピター」をIMAX3Dで見てきたので

記憶と気持ちが新鮮なうちに感想を書くことにした。

 

公開初日だというのに、

既に評判は微妙で、大外れの予感もあった。

だが。

だが、である。

マトリックス」で知られるウォシャウスキー姉弟の初IMAX3D作品だ。

見ないわけにはいかない。

IMAX3Dは、大人一人2,200円、二人で4,400円と決して安くはないのだが、

普通料金の1,800円でがっかりするくらいなら、

ドドンとIMAX3Dで行くことにした。

少しでも興行成績に貢献したい気持ちもある。

もはやパトロン喜捨みたいな感覚だ。

前作「クラウドアトラス」はやったら長いようで、

オムニバスみたいで、とっ散らかった印象があり、

残念ながら、いまいちと言わざるを得ない出来だった。

今度は、完全オリジナルだし、

何しろ、チャニング・テイタムなのである。

きっと楽しいはず

と、超前向きな姿勢で臨むことにした。

 

・・・

 

で、どうだったか。

良かったよ。私は好きだな、これ。

楽しかった。

もう、展開が少女マンガ!

いちいち夢見がち!

ロマンチックが止まらない!!

見ていて照れる。

恥ずかしい。

キャ━━(*ノ∀ノ)━━ァ

(テンション上がってきた)

 

チャニング・テイタム、良かった。

マジック・マイクよりちょっと肉ついているけど、良かったよ。

犬顔にするためマウスピースを入れていたかららしい。

エディ・レッドメインも良かったよ。

そばかす可愛いよね。

(本編と関係はない)

ミラ・クニス、相変わらず目大きい。

(これも本編とは関係ない)

まつ毛も長い。

トイレ掃除が仕事なのに、きっちりメイク。

でも、目が大きいのに、キラキラしてないんだな。

ちょっとゴルゴ線あるし。

エディの方が、目、キラキラしてた。

 

そういえば、ジュピターの役は、

最初は、ナタリー・ポートマンに話が行って、

次にルーニー・マーラー、

ミラ・クニスは三番手だったようだ。

ナタリー・ポートマンでは、お堅すぎる気もする。

また、ルーニー・マーラーだと、

サイド・エフェクト」(2013)再びだったところだ。

 

但し、駄目出しされるのも当然かと思った。

細かいところが凝っているにも関わらず、

同じく細かいところで片手落ちと言うか、

「あれ、何だったの?」な箇所も多くて、

もったいないというか、惜しいというか、詰めが甘い。 

 

ケインのキャラクター設定、勿体なかったな。

伝説の傭兵って?

何故に王族嫌いなの?

顔色悪いと思ったらアルビノだって。

つけ鼻の次はつけ耳か。

そうそう、カリーク姉さんは、何したかったの?

「収穫」って効率悪くないか?

大体、あっち行ったりこっち行ったりし過ぎだ。

インターステラーだったら50年くらい経過しているところだ。

スティンガーと娘はどうなったの?

などなど。

 

アクションも微妙にダサい。

宇宙空間のバトルシーンも顔のアップが多過ぎだ。

チャニング・テイタムのアクションは、

ダンスの動きを入れて欲しかった。

一方で、会話劇の部分が単調で、

バストショットかアップが多く、

台詞も説明的過ぎだ。

 

でもね、細かいことは良いの。

だってロマンチックなんだもん!

もうそれで押し切った感あるある。

私もチャニング・テイタムにおんぶされたーい。

・・・とは思わなかったけど、

ジュピターがピンチの度に、

何度でも、駆けつけては助けてくれる。

ジュピターからすれば、

「絶対私のこと、好きだよね」

って感じで駆けつけてくる。

「陛下(your highness)」だって、もう。

呼ばれる度にニヤニヤしてるし。

形式だけとはいえ、結婚式の最中、

指輪をはめるその瞬間に花嫁を攫いに来るだなんて、

シチュエーションも乙女な感じがするし、

最後の崩壊する木星でも、絶対に間に合うだろうし、

きっとハッピーエンドだろうな、と予想がついて、

安心設計なクライマックスであった。

 

メカや内装はレトロ調で、

衣装や、刺青、アクセサリーなど凝った細部とも合っていた。

植物をモチーフにしたウェディングドレスも、

ミラ・クニスに似合っていたし、美しかったのではあるが、

洗練さに欠ける。

プラダディオールだったらもっと良かったのに、と思ってしまった。

news.walkerplus.com

 

それにしてもウォシャウスキー姉弟は、

清水玲子とか松本零士好きなのか?

銀河鉄道999か、はたまたキャプテンハーロックか。

宇宙でもシャンデリア!

宇宙でもマント!

何故かしゃがれ声!

 

 

では、世間の評判をちょっと見てみようか。

Jupitâ (2015) on IMDb

 IMDbでは5.9といまいちな評価。

(2015年3月28日時点)

 

 偶然見かけたのだが、abcnewsのレビューでは、3.5だった。

「壮大な宇宙の物語を作ることは素晴らしい試みだが、

 素晴らしい作品ではない」

・・・異論はない。

abcnews.go.com

 

 

TheNewYorkTimesは厳しい。

「細部に拘っているが、あっちこっち行き過ぎ」とのこと。

「花の頭の飾り、エリザベス・テイラーだったら文句言うレベル」とか。

http://www.nytimes.com/2015/02/06/movies/mila-kuniss-dizzying-orbit-in-jupiter-ascending.html?_r=0

 

 

個人的には、星7つ。

甘々なのは承知している。

 

 

追記 ショーン・ビーンは最後まで死にませんでした。