読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマリタン

映画、本、毛糸もろもろ。

春満開ですが。

昨日、4月3日、児童文学作家の石井桃子氏死去。

新聞を購読していないため、オンラインで訃報を知った。

101歳であった。

春、桜が満開になるとともに、桃子さんは逝ってしまった。

昨年、各地の書店で石井氏100歳記念フェアが実施されていた。

某書店で、その品揃えを見て気がついたのだが、

実は、私自身、絵本を読んだ記憶はあまり無い。

母親いわく、「絵本は高いから」だそうである。

確かに、絵本は、文字数に対するコストパフォーマンスは良くない。

よく考えれば、両親の適当な記憶に頼った半分創作された昔話が多かった。

その後、両親の本棚とは気が合わなかったのか、

勝手に、エラリー・クイーンディクスン・カーを読み出してしまい、

おかげさまで、石井氏の作品は読んだことが無いまま、

私の、読書傾向は、どんどん血なまぐさい方向へ進んでいったのであった。

今になって、絵本を読もうとは思わない。

けれど、いつか、一冊くらい、石井氏の著作を読んでおこうかと思う。

今日の一言。

我が家では、家族全員の読書傾向が全く違うので、

欲しい本がほとんど被らない。

被るときは、一人一冊ずつ同じ本持ってたりして、

ある意味不経済。